読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行って知っ旅、わかっ旅!

体験したい!この目で見たい ! 知りたい!何でもいい、思うがままに動こう!

素敵な外観に惚れ惚れ~、Galleria UmbertoⅠ(ウンベルト1世のガッレリア) を見物!!

f:id:kaoliimo79:20160927160716j:plain

今日のホテルはこの敷地内にあるのです。贅沢だ。

"Galleria UmbertoⅠ" ウンベルト1世のガッレリア

ナポリ市内を彷徨うこと約30分、ようやく目的地に到着しました。

タクシーで楽ちんのはずだったのですが...

思い通りに行かないのも旅の醍醐味であります。

 

ここに辿り着くまでの珍道中はこちら↓↓↓

その3 南イタリア、ナポリのタクシー事情 ~ えーこんな事って!まさかの展開 ~ - カオリイモのココロロン

からの、こちらも↓↓↓

ナポリの道中、ホテルまで ~ 人によって時間の感覚は違う ~ - カオリイモのココロロン

Galleria UmbertoⅠ(ウンベルト1世のガッレリア)の内部

f:id:kaoliimo79:20160927160753j:plain

こちらは出入口。

ああ、なんて立派な門構えなのでしょう。

ガッレリア = アーケード

建物は十字型に建てられていて四方に出入口があります。

十字の交わっている上部は鉄とガラスで造られたドームになっていて、

アーケードの中は服、靴、雑貨やカフェ、レストラン、バー、ホテルなど。

事務所やアパートも入っているみたい。贅沢な住まいですね。

 

こういった建造物を素晴らしいとは思うのですが〇〇様式だとか、いつ頃に建てられたのか?など、細かいことには疎いので情報が薄いです。

情報を求めて御覧になった方には申し訳ないのですが、

せめて所在地だけも↓↓

Galleria UmbertoⅠ,Napoli,Italia

 

f:id:kaoliimo79:20160927142907j:plain

こちらはガッレリア中央の上部。高さ58メートルもあるそうです。

外は天気が良く、ドームに差し込む光が格子の影を作り、ガッレリアの厳かな雰囲気を引き立たせています。嗚呼、美しい。

 

私はこういう緻密な造りの建物に触れると、身が引き締まるような感覚と心がスーッと落ち着く感覚になります。

緊張感と安心感が同時に得られる。なぜでしょう...。

 

f:id:kaoliimo79:20160927161010j:plain

 数年前から工事中のようで現在も進行中。

きっと複雑で大変な工事なんでしょうけど、この風景で仕事をするなんて気分がよさそうだなぁ、なんて人の気も知らず勝手なことを思いました。

 

Galleria UmbertoⅠ(ウンベルト1世のガッレリア) 周辺の徒歩で周れる観光スポットとショッピング

私は初めてこの辺りに来たのですが、観光スポットや有名なカフェ、ショップが密集していて、サクッと有名所を回りたい人におすすめの場所だと思いました。

 

【 観光 】

★ヌオーヴォ城 " Castel Nuovo "   → 徒歩10分~

★王宮 " Palazzo Reale "  → 徒歩10分~

サン・カルロ劇場 " Teatro San Carlo "   → 徒歩10分~

★プレビシート広場 " Piazza del Plebiscito "  → 徒歩10分~

・ゼヴァロス スティリアーノ宮美術館 " Gallerie d'Italia Palazzo Zevallos Stigliano "     → 徒歩10分~

・卵城 " Castel dell' Ovo "  → 徒歩で行けないこともない

 

【 カフェ】

★イル・ヴェーロ・バール・デル・プロフェッソーレ " IlbVero Bar del Professore " 
( コーヒーを知り尽くした教授の店。本物のコーヒーが味わえる )   → 徒歩10分~
 
★ガンブリヌス " Gambrinus " (ナポリで一番有名らしいカフェ。別記事で書きます)    → 徒歩10分~
 

【ピザ、レストラン】

・たくさんありすぎ。ガッレリアの出入り口のひとつは賑やかな大通り トレド通り " Via Toledo "に面しています。

別の細い路地にもたくさんあったので食事は選びきれず、逆に困りました。

 

【ショッピング】

 トレド通り " Via Toledo " 沿いに立ち並んでいます。ガッレリア内にはコスメショップのセフォラ、ZARAが入ってました。

ハイブランドはほとんどありませんでしたが、H&M、FOREVER24はもちろん、日本に上陸していないファストファッションブランドがたくさんありました。(別記事で)

 

【移動】

・観光案内所

・市内観光バスの発着所  → ヌオーヴォ城の近く

・市バス停車駅 ムニチーピオ広場

・フニコラーレ(ケーブルカー) チェントラーレ線 乗り場

・地下鉄 ムニチーピオ駅

★フェリー乗り場 Molo Beverello ( ベヴェレッロ埠頭) → 徒歩10分~

    (★カプリ島、イスキア、アマルフィ 方面 )

 

※この★を付けた箇所は実際に私が行った場所です。

 

バスや地下鉄乗り場があるのでどこへでも行けますが、路線を確認したりで結構疲れると思うのですが、徒歩で一気に周れるっていうのはとても良かったなぁと思います。

 

それではこれから、本日のホテル"  Hotel Art Resort Galleria Umberto★★★★ "

(ホテルアートリゾートガッレリアウンベルト) へと向かいます。